「建築設備士」なんてなんだか聞き慣れない言葉かもしれませんが、建築設備士は建築士法に基づいたれっきとした国家資格となっています。それでは、建築設備士とは一体どんな資格なのでしょうか。建築設備士は、建築設備(空調・換気、給排水衛生、電気等)の設計や工事監理を行う際に、建築士に対して適切なアドバイスが出来る資格です。設計業務を行うわけではなく、あくまでも建築物の計画、設計、工事監理段階にて、法に適合した高品質な建築設備に仕上げるのが建築設備士の役割です。また、建築士が建築設備士に対して意見を求め、設計に反映された際には、建築確認申請書や工事完了届にてその旨を明確にしておかなければならないとされています。大規模な建築物や特殊な建築物のように高度な技術が必要な設備設計では、そのほとんどが建築設備士の意見を反映して設計や工事監理、施工管理などを行っていると言っていいでしょう。建築設備士の主な就職先としては、空調衛生や電気に関する設備工事会社、建設会社、設計事務所、建設コンサルタント、不動産会社、ビル管理会社、建築設備のメーカーなどが考えられます。建築設備は今後、ますます高度化し、複雑になっていくはずです。そのような設計や工事管理に関して、取得した知識や技能をもとに適切なアドバイスを行うことが出来る、責任あるポストに就きたい人にお勧めの資格と言えるのではないでしょうか。